きちんと慰謝料を貰う為に

婚約・結婚指輪はどうすればいい?

どちらかの不貞や暴力が離婚する原因の場合、慰謝料請求を行なうことができます。

 

慰謝料を払ってもらう場合に、婚約、結婚の際にそれぞれもらった指輪はどうしたらよいかと悩む方もいることでしょう。

 

離婚する際に、指輪を返してもらいたいと請求されるという人もいるそうです。

 

婚約指輪に関しては、夫が思わぬ事故などにあったときに備え妻に残すことができる財産のひとつとして贈るということも表すようです。

 

そのため、男性が女性に贈る婚約指輪は高価なものとされているようです。

 

婚約指輪に関しては何かと引き換えで送るものではないので、例えば離婚することになっても相手に返す必要はありません。

 

夫に原因がある場合などは、慰謝料として返さずに持っておく人も多いようです。

 

結婚指輪というのは、結婚の証として夫婦で指輪をつけます。

 

そのため、離婚が成立した後は指輪をはめている必要はありません。

 

結婚指輪を返すよう頼まれたら、返す人も少なくありません。

 

指輪をどうするにせよ、指輪のことでもめることがあった場合には、弁護士に相談するのが得策です。

 

小さなことでもめて労力を使うことは、無駄なことです。

 

好んでつけていた指輪でも、執着してしまうのは、良くないので注意しましょう。

 

いらなくなった指輪を買い取りに応じてくれたり、リフォームをお願いできるところもあるようです。

 

指輪の扱い方如何では、気持ちをリセットして新しい自分へと変化する第一歩になるに違いありません。

 

 


婚約・結婚指輪はどうすればいい?記事一覧

養育費について

離婚することには、結婚をしたときよりも更に労力が消耗されるようです。特に、扶養するべき子どもがいると、誰が親権者になるのか、相手に払う養育費はどのようになるかなども話し合う必要があります。離婚を決断した時に、相手に非がある場合には、慰謝料請求を行なうことが可能です。子どもの親権を夫婦のどちらが持つに...

≫続きを読む

 

熟年離婚について

ここ数年の間に、熟年離婚も増加しているようですが、何も考えない安易な離婚は注意しなければなりません。離婚を考えている熟年の方はよく考えて離婚の準備を済ませていきましょう。熟年離婚だけではありませんが、離婚することになった場合には、離婚後の生活も考慮しなければなりません。何十年も一緒に生活をしてきた熟...

≫続きを読む

 

弁護士事務所に相談しよう

離婚を決断しても、どのような協議をしていけば良いかについて知らない人も大勢おられることでしょう。たとえ友好的な離婚であっても、慰謝料などのお金に関する問題を決めて行くのは大変です。後々もめることがないように、離婚の話し合いをする時にしっかり取り決めておくことが賢明です。協議離婚という形での離婚の場合...

≫続きを読む