きちんと慰謝料を貰う為に

慰謝料の時効について

既に離婚をした人の中には、慰謝料のことなど考慮しないでその場の勢いで離婚してしまったという方も消して少なくは無いでしょう。

 

離婚後に生活をしてみて、しっかりと慰謝料をもらっておけばよかったと後悔する人も多いようです。

 

そうした人でも、諦めないでください。

 

離婚慰謝料には離婚届を出してしまっていても3年と言う時効があり、この期間内なら慰謝料請求をすることが認められています。

 

反対に、この3年の時効を過ぎると、慰謝料をもらうことができないようです。

 

離婚した後に慰謝料を払って欲しいなら、あまり遅くならないうちに相手に請求した方がよいでしょう。

 

ただ、離婚する時に、何も請求しないという内容の誓約書を記入した場合には、慰謝料の請求はもちろん無理なことです。

 

夫もしくは妻だけではなく浮気の場合はその相手にも慰謝料請求を行なう時は、慰謝料の支払いを求める内容証明郵便を送付します。

 

その後に、裁判所で償ってもらうための慰謝料を支払ってもらうよう求めます。

 

内容証明郵便を送付しただけでは、慰謝料は支払ってもらえないのでその点に留意してください。

 

相手の浮気が分かったという場合にも、その日から3年間という慰謝料請求の時効が定められています。

 

これは、起点が知った日となるので、離婚してから何年経っていてもその日から3年という時効になります。

 

離婚協議の際に、慰謝料をどうするかも取り決めておくことが一番良い方法です。

 

離婚後であっても慰謝料を請求することが可能だと覚えておきましょう。

 

 


慰謝料の時効について関連ページ

慰謝料ってどのくらい?
慰謝料に税金はかかる?