きちんと慰謝料を貰う為に

慰謝料に税金はかかる?

結婚生活が上手くいかずに離婚を選ぼうか検討している人にとって、慰謝料は気がかりなことのひとつでしょう。

 

離婚の際に受け取る慰謝料は税金がかかるのでしょうか。

 

離婚する際に受け取る種々の金銭については、妥当な金額であれば税金は課されません。

 

支払う方も受け取る方もどちらも同じで、課税されません。

 

ですが、慰謝料として受け取れるのはお金だけではないでしょう。

 

自宅や土地などの財産を慰謝料として使うならば、不動産に関する税金を支払わなければならなくなる可能性もあります。

 

これは慰謝料を受け取る側に課税され、婚姻関係にあった間に取得した不動産を分配する場合には、半分になりますがこれを上回ると税金が課されることになります。

 

所有する不動産の中でも結婚前の購入分については、軽減処置と言うものがないのでしっかり調べておきましょう。

 

これは、離婚前に一緒に築いた財産は分け合うのが当然だという論理です。

 

二人で作ってきた財産を分配する場合ならば、預金や不動産には一切贈与税がかからないということです。

 

ですから、離婚する時の慰謝料には課税されません。

 

これまで二人が共に築き上げた共有財産ですから、夫婦であった2人が納得のいくようよく話し合いながら行ないましょう。

 

離婚における不動産の分配に関して問題が生じたら、弁護士に相談するとよいでしょう。

 

自分で判断してしまうと、後になって問題が大きくなってしまう場合もあります。

 

離婚の話し合いの時には、互いに持っている財産を把握しておく必要があります。

 

離婚後に隠し財産の存在が発覚した時には、大きなトラブルの原因になります。

 

 


慰謝料に税金はかかる?関連ページ

慰謝料ってどのくらい?
慰謝料の時効について