きちんと慰謝料を貰う為に

慰謝料ってどのくらい?

結婚生活が上手くいかないために離婚について考えることがあると言う人は少なからずいることでしょう。

 

自分には全く問題がなく、配偶者の不貞行為・暴力行為などのために離婚することにした場合は、原因のあるほうに慰謝料を請求できます。

 

離婚する時の慰謝料については、相手から受けた苦痛を賠償するものとして支払われるお金です。

 

では、離婚における慰謝料の額はどの程度のものなのでしょうか。

 

有名人の離婚においては、慰謝料が億単位であるとテレビで取り挙げられることがあります。

 

通常の家庭の場合はあるはずのない話ですから、到底払えないと心配しないでください。

 

離婚の慰謝料に関して、一定の基準があるわけではありませ。

 

決められた金額はありませんが、離婚する理由やこれまでの慰謝料のデータと比べて、相場をざっと計算してくれます。

 

離婚の事由はいろいろですから、算定された相場にみなが合致するとは限りません。

 

ごく普通の家庭だと、だいたい100〜300万円くらいの金額が慰謝料の相場と考えられているようです。

 

多く見積もっても400万円前後と見ておいてください。

 

婚姻期間が長ければ長いほど、慰謝料の金額も少しは割り増しされます。

 

それは、夫婦であった期間の長さで責任の大きさが変わるためです。

 

話し合いの際に夫婦間でもめてしまうようならば、離婚原因・婚姻期間など種々の要素を考えて、最終的に裁判官が判断を下すことになります。

 

相場がいくらになるかを調べても良いですが、そういったものは参考程度にしておくようにしましょう。

 

 


慰謝料ってどのくらい?関連ページ

慰謝料の時効について
慰謝料に税金はかかる?